2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.08.05 (Wed)

アンティークロケットリング(カボションカットオパール、ロイヤルブルークロワゾネエナメル)

先日、非常に珍しいアンティークジュエリー、ロケットリングをアップいたしました。
アンティークジュエリーの中でも特に人気のアイテムに「ロケットペンダント」がございますが、一段とレア度が増すコレクター垂涎のアイテムが「ロケットリング」です。

一見普通のリングに見えますが・・・

j01107-1.jpg

裏に本当に小さなゴールドの爪があり、それを引くことで今でもとてもスムーズにパチンととても小さな音をたてて、扉を開閉することができるのです。

j01107-4.jpg


ロケットペンダントの方はまだ少しは市場に出てきますが、ロケットリングは肌感覚としましてはロケットペンダントの10分の1以下、ロケットペンダントも非常に見つけずらくなってきている昨今、正に幻のコレクターズアイテムです。
改めてシェルシュミディでこれまでにご紹介いたしましたロケット指輪をふりかえってみましたところ、こちらの指輪で僅か3つめ!
しかもこのような宝石をアレンジ下ロケットリングは今回が本当に初めてです。



清涼感ある青紫色は、一瞬何の宝石だろうと思いますよね。
宝石であることは一目瞭然ですが何の宝石か分らない、ちょっとお詳しい方は一瞬「ムーンストーン」と思われるかもしれませんね。
石の底から明るい色が挿す、それは美しい楕円形のオパールが贅沢に用いられています。
正面から見ますと綺麗な楕円形に見えますが、横から見ますと下部のほうが膨らみがあります。
オパールは遊色効果もありますし、そうした色彩を全て計算しつくした上でのセットです。

よくよく考えて見ますとこれだけの大きさのカボションカットのオパールが、良く見つかったものです。
正面から透けないロケットをオーダーして、後にこの素晴らしいオパールを見つけたのか。
あるいはこの素晴らしいオパールを見つけて、職人さんが素敵なロケットリングにすることを提案してくれたのか・・・。
どちらでしょう??


想像の膨らむリングですね。

「モーパッサン、オー・ヘンリーあたりなら素敵なショートミステリー書いてくれそう」という粋なコメントも頂きました。
暑い日が続きますので、クーラーの効いたお部屋で、こうした素晴らしいアンティークジュエリーが作られた時代の名作を読むのもいいですね。

当店がお付き合いしている中で、知識の上で最も頼りになる仏のディーラーさんに、
「どんな文献を読んでいるの?」
と聞いたことがあります。
GIAも持っている彼女は宝石の本もまたアンティークに関する本もほとんど読破しているそうですが(読書大好きな方ですので)、「当時書かれた小説と絵画はとても多くのことを教えてくれる」
と言っています。

例えばその時代に描かれた肖像画を見れば、その時代に流行していたファッションや髪型、ジュエリーが一目瞭然に分りますよね。
小説はあるときは、絵画以上に描写が豊かで緻密ですから、想像力も膨らむというものです。
アンティークジュエリーは、どれだけ勉強したつもりになっても、何も知らないと思うことだらけです☆

22:18  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |