FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.06.27 (Thu)

オパールとダイヤモンドのアンティーク指輪(ジオメトリック、お花、1920年頃)

映画「華麗なるギャツビー」を見てまいりました。

感想:
うーん、ジュエリーは綺麗でした。
でもいかにもハリウッド映画と言う作りだったので、がちゃがちゃした音や色使いはちょっと苦手でした。


ではお薦めしないかというと、見に行くのはお薦めです!
なんと言いますか、こうした原作の素晴らしいもの、また往年に素晴らしい映画が作られているものは、現代リメイクをしてそれを超えることはそもそも無理なんです。

「華麗なるギャツビー」はロバート・レッドフォード主演で、1974年に映画化されたものが有名で、私も自分が生まれる前の映画ですが見ていて大好きです。


では、リメイクされることに意味がないかというとそうではなくて。
やはり好き嫌いは別として、それは意味のあることだと思うのです。
個人的に今回の作品もギャツビー本人のキャラクターは割とよく描かれていたように思いますし、そうしてかつての映画をみていない若い子たちが少しでもこの時代、そして普及の名作に興味をもってくれればそれはそれで良し。
裾野が広がると言う意味で意味がありますし、かつての作品そして原作のほうが好きな人もそれを見比べたり、現代風にアレンジされたギャツビーに今の世相を重ねたり・・・そうした楽しみ方もできます。


「華麗なるギャツビー」はもともとF・スコット・フィッツジェラルドの本が原作になっているのですが、フィッツジェラルドはまさに20年代のパリに魅了されたアメリカ人。
実際に20年代にしょっちゅうパリに滞在しています。

今回の映画では衣装はプラダ、ジュエリーをティファニーが全面協力しています。
リメイクされたものではありますが、当時の短めの髪、ストンとしたシルエットのロングドレス、ジュエリーはロングネックレス、ピアスはショートヘアに映えるドロップラインのもの、ブレスは幅もあり豪華なもの・・・といった20年代ファッションはとても豪華に再現されてますよ。


当店はフランスの1920年代のジュエリーに一番力を入れている珍しいお店だと思いますので、映画をみていただくとまたよりお好きになっていただけるかもしれないですね。

最近アップした商品。
ちょうど20年代の作品です。
すばらしいアールデコのグッドデザインのオパールリングです。
楕円形のオパールと円形のダイヤモンドをジオメトリックに配置した初期アールデコの特徴が出たデザイン。

こちらの指輪は程よいボリュームがあり、特にこうして写真で見るより指にされたときにその美しさがぐっと際立つようです。
非常に評判の良い指輪でs。

j00973-7.jpg
21:24  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |