FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.03.03 (Sun)

アンティークルビー指輪(ローズカットダイヤモンド、3石リング)

いろいろとお知らせしたいことがございます。
まずシェルシュミディムービーⅡができました!
今回はダイヤモンドリングを集めてみましたよ。
是非ご覧ください。
今回から字幕を入れてみました。
you tubeは字幕のon /offの設定があり、offにしていると反映されません。


j00854-1.jpg
シェルシュミディダイヤモンドリングムービー

あと写真の取り直しも順調に進んでおり今回は下記のものを改めてました。
驚くほどイメージが異なるのでは?
特にタヒチの黒真珠のペンダントは絶品です。
こちらのペンダントを仕入れるちょっと前にやはりほぼ同じ色合い&大きさのピアスを入手していてこちらはあっという間に売れてしまったのですが。
本当に昔の天然のタヒチ真珠の美しさといったら素晴らしいですね。


j00585-1.jpgj00680-1_20130303212606.jpgj00690-1_20130303212630.jpgj00671-1_20130303212656.jpg

エメラルドのペンダントとかノルマンディーのピンブローチは、それぞれ何度も問い合わせを頂いてでも何となくそのままフェードアウトしたりお客様事情により他のジュエリーになったりで。
とても魅力的なのになぜかまだ残っているという、不思議なジュエリーです。

あと本日、また魅力的なルビーのリングをアップしましたのでご紹介です。
j00933-1.jpg

今日宝石といえばまず無色透明のダイヤモンドを浮かべる人が多いですが、ジュエリーの歴史の中でダイヤモンドが宝石の王座を占めるようになったのはここ百数十年たらずです。
古代の人の心を捉えたのは、美しい色を持つカラーストーン。
エメラルド、トルコ石、ガーネット、ルビー、サファイアなどです。
ルビーは「王位」を象徴する石として、ダイヤモンド以上に好まれてきました。
五大宝石のひとつルビーは、サファイアなどと同じで鉱物名はコランダム。
コランダムの内、赤色のものを宝石名でルビーと呼んでいます。
「ルビー」という名前の由来はラテン語で、赤を意味する「ruber」から来ています。

こちらは何とシリアル番号が入っています。シリアル番号はかなりのメゾンブランドにならないと入れないものです。
なんだかんだいってメゾン製作のジュエリーは、選び抜かれた素材と完成された作り、完成度が高いです。


21:32  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |