FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.12.03 (Mon)

ブルーサファイヤとダイヤモンドのアールデコ指輪(プラチナ、1930年頃フランス)

11月の三連休を越してから、もう秋から冬に変わったように思います。


神秘的な美しさを持つブルーサファイアの指輪←SOLD。
何と8ミリx1センチと言うとても大粒のブルーサファイアが贅沢に使われています。
大きいだけでなく、ちょっと深い(しかし決して暗くない)青色で、いつまでも見ていたくなるとても神秘的な力強い魅力があるサファイアです。
この指輪を見つけたとき、引き込まれていくのを感じました。神秘的な青色またラグジュアリーでいて上品なセッティングが魅力でした。

また地金はプラチナになります。
プラチナは金や銀に比べると溶かす温度が高く、19世紀の末まで使用することができませんでした(もちろんアンティークジュエリーは例外も多く、早くは1870年頃のジュエリーにプラチナを使ったものが発見されています)。
また当時はゴールドに比べて格段に高く、宝飾品に特に全体の地金としてプラチナが取り入れられ始めるのは1920年以降のことです。
プラチナを使ったアンティークジュエリーは1920-1930年代、アールデコ期のジュエリーによく見られます。

j00918-3.jpg


12/7&12/8、もうすぐ東京での催事です!
皆様、ぜひ遊びにきてくださいね。
現在開催中のクリスマスキャンペーンは、催事中のお買い上げでももちろん対象です


23:01  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |