FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.07.08 (Sun)

アンティークルビーリング(ダイヤモンド、1930年頃、イギリスアンティーク、プラチナ製)

先日のパリ出張で、自分のアホさを思い知った事件がありました。
私はパリでは「飲み物は外で買うと高い!」と肝に銘じて?おりなるべくスーパーなどであらかじめ買ったペットボトルを持ち歩いているのですが、先月のパリはかなり暑く、時々自販機の冷えたペットボトルが飲みたくなります。
近年のパリは昔とはことなり、案外いたるところに自動販売機があるのですが、いつも注文をしてもコインがもどってきてしまい「もう、パリの自販は故障ばかりなんだから~」と思っていたのですが、
どうやらコインを入れるタイミングを間違えていたようなのです。

paris_boisson.jpg

欲しい飲み物の番号を押してからコインを入れる!と今回はじめて買うことができました。
もう何十回と来ているのに・・・・意外な発見のあったパリでした!

最近アップした商品。
j00873-3.jpg
色艶のよいとても綺麗なルビーが使われた指輪です。
ルビーはもちろん昔もとても貴重な宝石、ダイヤモンドも美しくプラチナの台座も完成度が高く1930年頃のとても洗練されたジュエリーです。
現在ではルビーを高温を加熱して、透明度も良くしたりすることが日常的に行われていますので、こうした人口的処理がされていないルビーはアンティークジュエリーで探すと良いと思います。
アンティークジュエリーで使われたルビーは、ビルマ(ミャンマー)、セイロンがその産地として知られています。
品質のいいルビーは産出量が減っている分、ますます希少になってきています。


この頃は、宝石&技術ともまさに宝飾のゴールデンエイジです。
ルビーにわずかなえぐり傷がありますが、このクオリティのルビーでこのお値段は素晴らしいコストパフォーマンスです。



22:16  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |