FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.05.30 (Wed)

アンティークカボションガーネットリング(19世紀イギリス、トリロジーリング、9金ゴールド)

ようやくフランスから帰国しました!
今回は再びエールフランスで、行きも帰りも夜便というハードスケジュールで、飛行機の中はどちらも自分でも気の毒になるぐらいぐっすりでした

買い付けもとても充実し、今回は前半でほとんどの買い付けが終わると言う驚異的な(その3日間は、死にました・・・)買い付けになりました。
というのも、最近迷うことが本当に少なくなって、決断が今までより早くなったからかな。
最後にちょっと予算的なもので絞ってと言う以外は、あまり迷いというのがなかったです。

ここ1-2年、ゴールドのお値段がものすごく高騰しているということもあり、EUR価格での商品は急激な上昇傾向にあり、フランスアンティークジュエリーは枯渇状況にあるというのは、プロなら誰もが共通する認識ですが。
そんな中でも常に出モノはあって。
前回、前々回と、モノがどんどんと少なくなっていく感触はあって、それでも今回は特にちょっとしたものは再び回転しはじめているかなという兆しのようなものも感じました。


また在庫の状況がよくないときも、常に目を光らせていると何かしらチャンスはつかめるもので、今回の買い付けから妙にあせりがなくなってきたのは、自分の中でも成長を感じるところでした。
あとユーロ安は本当にありがたかったです。

そして今回は買い付けがとても順調に進んだからか、夜はわりと元気が残っていて、現地の友達やたまたま出張でフランスに来ていた友人などとご飯を堪能できたのももう、とってもしあわせでした。

中でも、現地に住む友人とその彼氏と一緒にいった14区のレストラン、とても美味しかったです!
Mi-cheminというところ。とてもお薦め。

なんと隣のテーブルには結構有名な映画監督がいたとのこと、全然気づかなかったです。。。
美味しさの割にお値段もお手ごろで、近くに住んでいる友人のお気に入りのレストランなんだそうですが、カジュアルな割りにジョスパン前首相なども訪れる、知る人ぞ知るみたいなところでした。
ここ、中心から離れているけど、絶対また行きたいですー。


mi-chemin2.jpg

新しい商品もどんどんとアップしていきます。
またメルマガ会員様向けの先行案内も行いますので、よろしかったらぜひメルマガにもご登録を!

最近アップした商品。
ガーネットの3つ石リング。
艶のあるガーネットがカボションカットされたとても美しいリングです。

ボションカットとは宝石のカット法の一つです。
石を丸い山形に整えて研磨し、光の反射ではなく石そのものの光沢、つやと美しさを活かすカット技法です。
光の反射に頼らない分、資質の良い宝石が必要になります。
カボションに出来る宝石はそれが透明石であればなお更、きわめて質の良い宝石が必要になります。


j00860-3.jpg
20:46  |  買い付け日記  | 
 | HOME |