2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.11.04 (Thu)

アンティーク金細工ネックレス(王政復古、9金ゴールド)



下記は最近アップした1820年頃、王政復古時代のゴールドロングネックレス。

王政復古の時代は、1814-1830年頃までの非常に短い期間ですが、この時期はやはり素晴らしい宝飾品が再び作られます。
王政復古の時代(イギリスで言うところのジョージアンの頃)ジュエリーには特に金細工で素晴らしい細工が生み出されています。
線状細工であるカンティーユやフィリグリー。
そして薄い金の板を裏表からたたき出して、表面に立体的なデザインを作り出すレポゼが登場。
この時代のジュエリーには、ゴールドの処理や石のセッティングに独特なものが見られます。
1820-30年代の20年弱と非常に短命な王政復古時代ですが、18世紀の宮廷文化を回想した素晴らしいゴールドジュエリーが作られました。
この時代のゴールドの処理は薄く延ばしたようなのっぺりとしたフォルムを見ることが多いです。
これらの技術は当時はまだ大変貴重だったゴールドを、少ない量でボリュームを出したいという意図にもよります。
そのため手を惜しまず、非常に細工残ったジュエリーが作られます。


もう細工が素晴らしいの一言。
滅多に見ないといいますか、私も今回初めて出会えた類の作品です

j00621-1.jpg

最近力作のアップが続いていますので、ぜひHPをマメにご覧くださいね!

18:07  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |