FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.02.26 (Fri)

天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)

その昔、TVでKENZOパリにものすごい豪邸をもっているということで、その内部をうつしたTV番組をみたのですが。

今回の買い付け旅行中にいちばん驚いたのが。
私が親しくしているディーラーさんの友人がなんとこのKENZOアパルトマンの現在の所有者だということです!!!!!

「それってそんなにすごいことなの?」と思うかもしれませんが、

本当にすごいこと、っていうかものすごいご資産ですよ!!!!!

だってバスティーユからすぐそばのパリの一等地に、2,000㎡。
そのディーラーのおばちゃんも遊びに行ったそうですが、敷地内でまよったそうです。
14-15億ほどで売られていると、一年前ぐらいにフランスの新聞にでていましたから。

いやはや、おそるべき。
そのおばちゃんいつも他にない素敵なジュエリーがあるのですが、なぜかというと答えは簡単。
彼女のまわりにお金持ちのご友人が多いのです。
彼女の旦那様もすごい人で、ちょうど私が買いつけで訪れていた日の午後、数時間後に生ラジオ番組出演っていっていた。。。

昔から、私のパリの憧れの象徴だったケンゾーのアパルトマン
その話をきいて「お願い、今度私も連れて行って!」と頼み込みました。
願い適うのかわかりませんが、相当ずうずうしいことだけは確かです。



今回は真冬であまり大きなフェアがなく、毎日のようにディーラーさん宅を訪問していました。
そして不動産がらみ!?でやはりすてき!と思ったのは。
また別のおばちゃん(おばあちゃんといったほうがいいかも)宅。
シャンゼリゼから5分の1900年頃のアパルトマン
とても雰囲気があって素敵だった~。

まさに下記のような薔薇が似合うアパルトマン、憧れです。

rose2.jpg

もともとおばちゃんのお父さんの持ち物だったようですが、100平米はゆうにありましたら、これもなかなかすごいですよ。
そしてそのインテリアも超素敵でした!
壁が真っ赤なの!
そのおばちゃんのお父さんが赤がすきだったそうで、なんて粋なのかしら。
内部には、18世紀のChevet(ナイトテーブル)などもあり、その美しい赤色とふるい家具が素敵にミックス。
そんな中、お茶をのみながらそして、Maison du chocolatのチョコレートをのみながら、ジュエリーをたんまりみせていただき。
とても素敵な時間でした。

私はフランスのインテリアが大好きなので、お宅訪問大好きです!

その他も19世紀の以前は庶民的で最近急速にBOBO化しているバティニョール界隈のディーラーさん宅や、今最もクリエイティブな北マレにある女性ディーラーさんのアパルトマンなど訪れて、とても楽しかったです。

プライバシーがあるのでそうしたディーラーさん宅の写真は取りませんでしたが、下記はその代わり。
フランスの有名子供服bon pointのブティックの内装がかわいかったのです。

本歩ワンパリ

こんなシャンデリアがあったり。
ボンポワン パリ

ブティックないにこんなキッチュなアミューズもあり。
ボンポワンアミューズ

フランスのインテリアって本当にかわいいですよね。

下記は最近アップしたアールデコのリング。

ダイヤモンドと真珠という、白い二大宝石の組み合わせがノーブル。
典型的な1930年代アールデコのデザインも最良。

アールデコリング



タグ : KENZO パリ アパルトマン

23:13  |  買い付け日記  | 
 | HOME |