FC2ブログ
2015年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.09.30 (Wed)

ホークスアイ(鷹の目石)のアールデコネックレス(1920年代)

先日、かなり変わった珍しいアンティークジュエリーをアップしましたのでご紹介いたします。
ホークスアイ(鷹の目石)のネックレス。
典型的な1920年代のアールデコのネックレスです。
*留め具は後年やり直されていると思いますが、やはりよい作りです。

j01124-1.jpg

j01124-3.jpg

ホークスアイは特に1920年代、その特徴的な「黒色」がアールデコのジュエリーに非常に好まれた宝石です。
しかし同じ黒色の宝石オニキスなどと比べましても非常に数の少ない宝石ですので、実際にマーケットに出てくるものはほとんどないのが現状です。
ちなみにこの時代、「黒の宝石」としても重用された代表的な宝石はオニキス、ホークスアイですが、あまりに需要に供給が追いつかないので、着色されたカルセドニーが用いられれたほどです。


ご参考までに。

↓はJ.E Coldwellのカリブレカットルビーとダイヤモンド、オニキスのブローチ。
coldwell.jpg


↓はヴィクトリア・アルバート美術館所蔵のパリのJanesich社が1925年頃に製作したドロップ型イヤリングです。
ブリリアンカットダイヤモンドに、黒く着色したカボションカットのカルセドニー、ホワイトゴールドのセッティングです。
以下に黒い宝石が足りなかったか分かるエピソードですね。

janesich.jpg

アールデコのジュエリーでははっきりとした色のコントラストが好まれましたから「黒」と言う色はその点、万能だったのです。
ちなみに皆さん、「黒いアンティークの宝石」=「ジェット」を思い浮かべられるかもしれませんね。
しかしジェットが重用されたのは19世紀後期から20世紀初頭にかけて。
ジェットはアールデコのジュエリーでは好まれませんでした。
ジェットはマットな質感で、ビビットな黒を求めたアールデコとはまた異なるのです。
09:56  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.27 (Sun)

天然パールとダイヤモンドのアンティークリング(1900年フランス、18Kゴールド)

先日、個人的にとても好みの真珠の指輪をアップしました。
さりげなく良い指輪です。

j01121-1.jpg

j01121-4.jpg

デザインはとてもシンプルなようでいて、その作りのよさがあってこそ。
宝石(ダイヤモンドと天然真珠)が共にとても綺麗で、愛らしくも可憐。
一方でけっしてチャチになることのない、クオリティー良さを感じさせる指輪です。
こうしたさりげなく段々に効いて来るジュエリーというのは、なかなかないものです。


フランスでは1900年前後に作られることの多かった「真珠xダイヤモンドの指輪」、どれ一つ同じものが存在しません。
見比べてみると、それぞれ表情が異なり面白いですよ。
以下、売却済みのものも多いですが少し似たタイプのものをご紹介いたしますね。
正にそれぞれ似て異なるものなのです。


ナチュラルパールクラスターリング(マーガレット、オールドマインカットダイヤモンド)
こちらもほぼ同時代、先日アップしたばかりのリング。
少し大人っぽい雰囲気です。
j01111-1_20150927214241edd.jpg


アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
こちらは売却済み、愛らしく可憐な雰囲気の指輪でした。
j01088-8.jpg


天然真珠とダイヤモンドのアンティークリング(1920年代アールデコ)
もう少し後年になります。売却済み。
洗練されたリングでした。
j00493-3.jpg


アンティークマベ真珠指輪(オフホワイト天然真珠、ダイヤモンド)
真珠が少しのっぺりした感じだと思いませんか?珍しいマベ真珠を用いたリングでした。
j01021-7.jpg

ダイヤモンドと真珠のアンティーク指輪(クロスオーバーリング、トワエモワ)
少しいびつな真珠とボリュームあるダイヤモンド。
j00695-1_2015092721440645a.jpg

こうしてみますと一言で「アンティークの真珠とダイヤモンドのリング」と言いましても実にいろいろなデザインと表情があることが分かりますね。
いずれのリングもフランスで1900-1920年頃に作られたものなのですから、その豊かなデザインとセンスのよさには改めて惚れ惚れします。
21:50  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.26 (Sat)

9月の誕生石、ブルーサファイヤのアンティークジュエリー

さて9月も終わりに近づいてきたこのごろ、改めてブルーサファイヤを使ったアンティークジュエリーをご紹介したくなりました(^-^)/
ブルーサファイヤは人気のある宝石の一つですよね。
当店でもお問い合わせを多くいただく宝石の一つです。


アンティークジュエリーにおいてブルーサファイヤは「いろいろな色合いの青」が存在します。
現代のサファイヤに比べますと少し濃い色の青が多いです。
例えば下記のような色です。
これはとても質の良いブルーサファイヤですが、現代のいわゆるサファイヤ色とはまた少しことなりますね。

j01104-3.jpg


濃い青にちなんでお話しますと、1930年ぐらいのジュエリーになりますと濃い青を超えて、ほとんど黒のように見えるサファイヤを見ることがあります。
大きさのわりにリーズナブルなのですが、これはオーストラリア産オパールで、これを美しいと思うかどうかはそのジュエリーやその方の感性にもよるでしょう。
私は正直、あまり好きではなく、これまで扱ったことがありません。
価値としても本来のブルーサファイヤとは異なってきますので、そこのあたりを留意してご購入されると良いと思います。


当店では今、ブルーサファイヤを用いたアンティークリングがいくつか在庫がございます。
ブルーサファイヤのアンティークジュエリーは実はかなり希少で、これだけ揃っているのは比較的珍しいです。
偶然ですがこれらの指輪は全部同じディーラーさんから仕入れていました。
この方、サファイヤが好きなのですよ、ムッシューサファイヤです。


こうして見ますと本当に三種三様ですね。
皆様のお好みはいかがでしょう?
個人的に一番好きなのはマーキーズのブルーサファイヤのリングです。
完成度の高いマーキーズ、かっこいいです。
日本女性はマーキーズのリングには慎重な方が多いのである意味売りにくいアイテムといえないこともないですが、アンティークならではのデザインとそのかっこよさに私はマーキーズに弱いです。


j01008-3.jpg

j01105-3_2015092621160062e.jpg

j01098-4.jpg
21:19  |  アンティークジュエリーレッスン  | 

2015.09.25 (Fri)

京都の郊外、大原と静原

今日はジュエリーの話から少しずれて、先日に訪れた京都の郊外について書きますね。
京都はとてもコンパクトな町で、街中はほとんど自転車で回れてしまいます。
しかし例外的に自転車ではなかなか行きにくい場所が、大原&静原です


大原は、三千院や寂光院などの有名なお寺がたくさんある観光地なのですが、京都市内からは狭い道をいくバスの便しかありません。
静原は、大原のすぐ手前の町で、ここは観光的な見所はほとんどまったくないのですが、大原の有名な朝市で売られている農作物は実際にここのものが多いです。

そこに私のお気に入りのカフェがあります。
カフェ・ミフェットさんというところです。

何がそんなにいいかというと、なんといっても窓から一面に見える風景!
本当にのどかな田園風景が広がり、そしてカフェ内はオーナーさんご夫婦のセンスのいいインテリアでまとまっていて、心癒される空間なのです。


miffet1.jpg

miffet2.jpg

miffet4.jpg

お料理はほとんどの材料が目の前の畑でとれたもの!
例えばこの日は、その日の朝取れた枝豆なども出してくれました。
パンも自家製の釜で焼いてくれたものを出してくれます。

miffet3.jpg

カフェの裏庭にヤギがいて、ヤギの近くの木の上には秘密の小屋があります。
木を上っていきますと大人なら1-2人が限度の、小屋に入ることができます。
小屋から外を見ると、夜は星が綺麗なんでしょうね。
小屋の下には小川が流れています。


そんなまるでジブリのような世界が広がる美しい田園風景は、ヨーロッパの人にも好きな方が多く、時々この地域に永住される欧米人がいらっしゃいます。
有名な方にイギリス人女性のベニシアさんがいます。
著書を多く出されていたり、TVにも出られているのでご存知の方も多いかもしれません。
そう、あの本のあの夢のような世界は、実は京都の市街地からもそうは遠くないこの地域の話なのです。



venetia.jpg

市街地まで車で30分ほどですので、京都市内でお仕事をしていて(この地域も行政的には京都市左京区に入りますが町の中心地と言う意味で)、半分田舎生活を満喫している人もけっこういます。
私も年をとったらそんな生活もいいかなーなんて頭をよぎりますが、「いつか住みたいな~」なんて思いながら時々こうして来させてもらうのが向いているのかもしれません(笑)
22:26  |  京都  | 

2015.09.24 (Thu)

ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)

シルバーウィークは皆様、いかがお過ごしになられましたか?
休日はやはりお問い合わせ等も少ないため少しぼんやりしてしまっていましたら、ブログがしばらく滞ってしまっていました、ごめんなさい。
最近、自分以外にスタッフがいるお店なら、「自分がどこか抜けている!」というところが程よくフォローされ、こうした更新が安定するのだろうな~と思います。
アンティークジュエリーのお店はこじんまりやっているところが多いですし、今後もきっとその傾向はますます強くなるとは思いますけどね!

さて先日エメラルドの指輪を二点アップしましたのでご紹介いたします。

↓こちらはエメラルドの色がずいぶん淡く透明な色だと思いませんか?
当時のロシア産エメラルドです。
エメラルドはダイヤモンドと合わせてセッティングされることが多いですので、「エメラルドx天然真珠」の組み合わせも貴重です。
きっとこの淡い色のエメラルドをいかしたかったのでしょうね。


j01119-1.jpg


↓こちらはいつの間にかアップしていたと思われたかもしれないですね、東京のオープンサロンでお得意様が一目ぼれしてくださり完売しましたが、参考までにアップさせていただきました。
カボションカットされたエメラルドとアールデコらしいモダンなデザインがどきどきするほどかっこいい指輪でした。

j01120-1.jpg

同じエメラルドと思えないほどそれぞれ異なり、それぞれが良いです。
エメラルドの良質なアンティークリングはそれほど頻繁に出会うことができないのですが、これからもがんばって仕入れたい宝石の一つです。
私、誕生石がエメラルドでしてそうした意味でも思い入れが深いのです・・・。
21:44  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.16 (Wed)

ターコイズ一文字指輪(6石、トルコ石、王政復古時代)

新着ジュエリー「ターコイズ一文字指輪(6石、トルコ石、王政復古時代)」のご紹介です。

j01117-1.jpg

j01117-4.jpg


宝石が5石とか6石、一列に横に並んだ指輪を一文字リングと呼びまして、この一文字リングは19世紀の間、比較的長い期間にわたって作られます。
ですので似たようなデザインの指輪で19世紀後期に作られたものも存在しますが、こちらは19世紀初頭のとても古い時代の指輪です。

なぜ時代の判別がつくかといいますと(難しい場合もあります)、この指輪の場合は宝石のセッティングが独特であるから、クローズドセッティングであるから、フレームのつき方等々です。


このように小ぶりであってもピリっと特徴があり、ありきたりでないフランスのアンティークジュエリーには心がつかまれます。
宝石を包むゴールドのセッティングや、ショルダー部分の控えめながら美しい装飾など、アンティークらしい魅力の詰まった作品です。

トルコ石といいますと夏のイメージがありますか?
私はむしろ今、着けたい気分です。
秋のさわやかな青空のもとで!


今週末からはいよいよシルバーウィークですね。
お出かけの方も多いことでしょうが、当店は営業しておりますのでお気軽にご連絡をくださいね。


17:37  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.14 (Mon)

せせらぎの音が聞こえるカフェ

さて最近はブログがまじめになっていて、あまりくだらないことを書いてなかったですね。
京都も猛暑がうそのように気持ちの良い日が続いています。
こんな日はふらふらと出かけたくなりますね。

seseragi.jpg


カフェめぐりは私が京都で最も好きなことの一つです。
なかなか面白いカフェが多いんですよ。
今日はその一つ「せせらぎすへら」さんにいってきました。
弊社の決算の書類の提出期限がせまっており、明日税理士さんと打ち合わせですので、苦手な決算の書類のチェックです。
あー、こういう仕事って苦手!
と言うことでせめてお気に入りのカフェにいかないと、仕事ができないわけです(笑)


お気に入りはテラス席。
目の前は小川が流れて、そのせせらぎが聞こえてきます。
そしてこのカフェ・・・いつきてもほとんどお客さんがいません。
中はデザインカフェのようになっていてとてもおしゃれでお茶もお菓子もとてもおいしいんですけど、本当に空いている!
京都ってどうやって採算をあわせているんだろうと思う、エッジの効いたカフェが本当に多いです。


そして店員さんはいつも「ゆっくりしていってください」といって、時々店内でもいなくなってしまうんです(笑)。
本当にほうっておいてくれるので、お言葉に甘えていつもありえないぐらいゆっくり寛いでいます。
今日は珍しく数字を見ていたら眠くなってしまいまして、そのまま眠ってしまおうかと思ったぐらいです。
せせらぎの音って本当に素敵ですね。
他にもいろいろ面白いカフェがあって・・・かなりいろいろ詳しくなりましたので京都にいらっしゃる際はぜひご連絡をくださいね!
22:01  |  オーナー私生活  | 

2015.09.09 (Wed)

ユーゲントシュティールのバングルブレスレット(ハナミズキ、ドイツ製、ビルマルビー)

台風の影響は皆様、大丈夫でしたでしょうか。
京都は思いのほか、今回はたいしたことはありませんでした。
雨がずーっと降っていてそれは滅入るといえば滅入るのですが、風がなかったので普通の雨っぽかったです。
それにしましてもここのところ本当に雨が多いですね!
晴耕雨読といきたいものですが、雨が降っている日ほどお出かけしたくなってしまう私です(笑)

さて、先日シェルシュミディとしては非常に珍しいドイツのアンティークジュエリーをアップしました。
ドイツのアンティークジュエリーは私の記憶する限りこれが初めてです!!!

ドイツはなぜかさりげなくご縁のある国で、たとえば今も親しい友達が二人ドイツに住んでいたり、別の友人がドイツ人と結婚していたり、なぜか京都でもドイツ人の知り合いができたり・・・。
20代の頃は会社員で何度か出張にいかせていただいたり。
ドイツ語はまったく話せないんですけど・・・


何のお花かな?と思いましていろいろ調べましたらハナミヅキのようです。
ドイツのアールヌーボー(ユーゲントシュティール)の作品なのですが、こうした少しマニアックなお花がモチーフになっているところも、なんだかドイツらしくて好きです。

j01115-1.jpg

このピンクを帯びた美しいルビーは間違いなく当時のビルマ産ルビーです。
少し「紫の気配」もある色ですね。
ビルマ産ルビーの一部は紫の色合いを持っているものもけっこうあります。
そしてこの紫味は、超高温での加熱処理で除去するのが一般的です。
しかしこの時代ですので戦後のような加熱処理は行われていません。


この時代の綺麗なルビーはビルマ産のものが多いです(あとはロシア産などもありますが、この時代はビルマのルビーが多いですね)
第二次世界大戦が近づいてきますと、極東からの貿易ルートが難しくなりますので、ルビーは難しくなってくる宝石です。

j01115-4.jpg

そして圧巻の裏面。
曲線のようで直線のようでもある、耽美的でありながら後年のダダイズムにつながるようなライン。
やはりフランスやイギリスのジュエリーとは異なりますね。
譲ってくれましたのはロンドンベースのディーラーさん。
やはり長いキャリアを持つ良い人なのですが、「こんな裏面見たことない」と彼女も言っていました。
まったく同感です。


j01115-5.jpg

お客様でこのバングルの写真をご覧になられて「メルケル首相がつけていそう」といったコメントを下さった方もいます。
まったく同感です(笑)
21:29  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.06 (Sun)

アンティークレースブローチ(ローズクォーツ、天然真珠、15金ゴールド

週末はいかがお過ごしになられたでしょうか?
こちらは土曜は快晴、日曜は一日中雨、まぁそれも良いものですね。

さて先日、小さめの愛らしいピンクのブローチをアップいたしましたのでブログでもご紹介させていただきます。
ピンク色の石はローズクォーツです。


j01114-4.jpg


先日「ピンク色の宝石(特にピンクトパーズ)でオーピンセッティングになったジュエリーがほしい」
と言ったお客様の声を頂きまし改めてていろいろ考えてみましたが。
基本的にピンク色の宝石があしらわれたアンティークジュエリーはクローズドセッティングです。
あるとしますとアンティークジュエリーの中でも比較的後年に作られました、ピンクサファイヤのアンティークジュエリー。
あるいはピンクトルマリンを用いたアンティークジュエリーでしょうか。


しかしピンク色のアンティークジュエリーといいますと、私の頭に浮かびますのは王政復古の時代(あるいはイギリス、ジョージアンの時代)の少ないゴールドの量でそれは素晴らしい金細工と一緒にセットされたピンクトパーズかローズクォーツ、あるいはピンク色のガラスペーストのジュエリーです。
アンティークジュエリー的に言えば特に価値があるのが、そうした特徴が良く出たジュエリーになります。
典型的なのが下記のようなジュエリー。

j00382-4.jpg


そんなことを含めてアンティークジュエリーで使われるピンク色の宝石のエピソードも書きましたのでよろしかったらご参考になさってください。

今回アップしましたローズクォーツのブローチもこの時代のもの。
そしてその小ささはレースにつけるブローチであったがためです。
楕円形の愛らしいフォルムはペンダントとしても引き立ち、おそらくペンダントに加工して売ったほうが良いお値段がつけられそうだなとは頭をよぎりましたが、ブローチとしてお使いになられたいお客様もいらっしゃるかもしれませんし現状のままお出ししております。

ペンダントへの加工につきましては、職人さんにはあらかじめ確認が取れており、
「ブローチパーツをすりとって、ピンのヒンジを利用すれば、ペンダントへの加工も可能」だそうです。
ご相談くださいませ。


j01114-6.jpg

22:50  |  新着アンティークジュエリー  | 

2015.09.01 (Tue)

読書タイム 井形慶子さんの本を読みあさってます!

毎年この業界全体、夏は特に8月は閑散期と言われているのですが。
今年の夏は驚くほど忙しかったです、ありがたいことです。
そんなわけでなかなかゆっくりする時間はあまり取れなかったのですが、それでもまぁ夏だし・・・。
秋になればまた年内は忙しいでしょうから(そう願ってます!)、意識的に少しでも自分の時間をとろうとしていました。


と言うわけで読書!
私と言うのはけっこう安上がりな人間で、実は所有欲はあまりありません。
欲といえば、いいジュエリーを見つけると絶対に仕入れたくなります。
しかしそれは自分が所有するためではなく、手に入れてそして自分を介してどなたか良い方のもとに渡ってほしい。
他の人には渡したくない(でも結局売るので、自分のものにするのではないんですよね、笑)
現地のディーラーさんともよく話しますが仕入れはしたいけど案外、自分のものにしたいという方は少ないです、何なのでしょうこの性分!
「でも良いものは絶対に仕入れざるをえないよね!金策なんて後、後!」
なんて盛り上がっています。

さてそんな欲があるのかないのか分からない私ですが、自分的な贅沢はゆっくり本を読むことができることです(^ ^)
ついでに言えば好きな本を躊躇なく買えるだけの経済力はほしいです。。

前置きが長くなりましたが最近お気に入りで読んでいるのが、井形慶子さんの本。
井形さんと言えばイギリス!
以前も何冊か読んだことがありましたが以前は住宅がらみの本を読んだことがありましたが、今は思いっきりイギリスにまつわるエッセイを読んでいます。
フランスにまつわるエッセイはこれまでいろいろな著者の本をかなり読んできまして、イギリスですと知らないことが多いので面白いったらありません。
井形さんの前のめり気味も面白い(個人的に似たものを感じます・・・)!

最近読んだ本は。

イギリス流 輝く年の重ね方
igata.jpg

日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由
iagata2.jpg

3つに分けて人生がうまくいく イギリスの習慣
igata3.jpg


あと「イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす 」「生活大国イギリスの知られざる習慣―大人のためのスピリチュアルライフ」。
どれが面白かったかと言うとどれも面白いのですが、「3つに分けて人生がうまくいく 」は個人的になかなか良かったです。
あとスピリチュアルライフの話は、イギリスのそんな側面があったのかとか発見が多くこちらもとても面白いです。

井形さん、ハムステッド(ロンドン北部の高級住宅地)にフラットを買われたそうで、ハムステッドヒースなどにも今度買い付けの後に寄ってみたいなーと思いました。
エッセイって本当、面白いと思う人のものは面白く、著者が異なるとぜんぜん面白くないと感じるのですよね。
私の場合、ひとたび面白いと思うとその人の著書を片っ端から読み漁ってしまうのです(笑)。
フランスのエッセイも最近面白いのがなかなか見つけられないのですが、良いエッセイないですかね~~~。

22:36  |  オーナー私生活  | 
 | HOME |