FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.02.22 (Fri)

アンティーク袋(銀製品、ベルエポック時代)

今回かなり激しい時差ボケになやまされていて、まだ夜中の2時とか4時に目が覚めてしまう生活を送っています。
とはいえ、仕事もいろいろ忙しいのでぼーっとしているわけにもいかず、昨日も都内の某所にうちあわせにでかけ。
前に一度来ている場所にもかかわらず、うっかり隣のビルに入ってしまいました。
中の様子が違うことにも疑問ももだず、エレベーターにまで乗り、
「あれー、なんかいつもと違うな」なんて思い、受付でビルが違うと教えてもらうまで、隣のビルにはいっていることに気づいていなかった・・・

「あー、時差ぼけがひどくって」
といったところ
「それって時差ボケなの、天然ボケじゃない?」
といわれ。
鋭いかも・・・と思った次第です。

なぜか私はこうしたビル間違えをよくしてしまい、以前に南フランスのマルセイユというところに住んでいたときは、何を思ったか病院にいこうとして隣のビルの音楽学校に入ってしまい、
やはり中に入っても何も気づかず、
「あのー、インフルエンザのワクチン打ちたいんですけど」といって
音楽学校の受付の先生に大わらいされたことがある・・・。
うーん、手のうちようのない時差ボケ?天然ボケ?アホ!?

新商品をアップしました。
こうしたシルバー製のバッグ財布は昨今の貴金属の高騰のせいかパリでもめっきり高くなってしまいました。
昔に買っていればという気持ちもありますが、こうした定番もので絶対数が少なくなってきているものは、高くなりこそすれ安くなることはないでしょう。

アンティーク財布


タグ : アンティーク フランス シルバー 財布 バッグ パリ 音楽

15:07  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |