FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.10.28 (Tue)

ローズカットダイヤモンドのアンティークリング(1900年頃、フランス)

フランスでの買いつけ旅行の追記。
日本でもどこでもそうだと思うけれど、どこへいっても今、人々の話題は「金融危機」そしてアメリカ選挙」

よくフランスって、
「反アメリカ気質が強い」と思われがちだけれど、必ずしもそうでもないと思う。
単にフランス人はいろんなことに、いろいろ持論を唱えるクセがあるだけで。
実際私は9.11のときにフランスで仕事をしていて、そのときの一般フランス人の反応はとても同情的で、日本人の人がわりと冷めた反応だったのに対して、対照的だった。

で、そんなフランスですが・・・。
110%オバマ支持だそうです。

日本語で絶対を120%とうい数字でよく表現するけれど、フランス人はかわりに110%ということが多い。

フランスはそもそもアメリカの共和党政権があまり好きじゃないというのに加えて、やはりマケイン&ペイリンさんがあまりに保守・コンサバ(例えば中絶反対、ライフル協会うんぬんとか)に走っていて、もう思想的に受け入れがたいみたい。
もちろん自分たちに選挙権なんてないのだけれど、例えば、ほしい物があっても、それを「11.4の選挙が終わるまでがまんするわ!」
とまで言っている人もいた。

印象深かったのは友人のダニーに「なんで、オバマがいいと思うの?」ってきいたら、
「マケインが勝ったら、市民戦争になるだろうよ」
って真剣な顔でいっていた。
これだけ統計で支持率に差がついているのに負けるようなことがあったら、選挙自体がこまかしだと怒る人が暴動を起こすのでは、というのがその根拠らしい。
うーん、それはどうなんだか、分からないけれど。
私も個人的に120%オバマさんなので、祈るような気持ちです。

新商品を続々とアップしています。
ぜひご覧ください。

ローズカットの指輪指輪ヤドリギのネックレスフォーティーズリング

左より
「19世紀のローズカットの指輪」:上品ですごく付けやすい、お薦め
「19世紀のローズカットとゴールドの指輪」:これはダイヤがすごくキレイです。はっきり言ってお買い得。
「ヤドリギのガラスペンダント」:こういうのって探すのが難しいです。
「40年代のデザインリング」:こうした40年代のデザインがたった指輪は、フランスで大ブレイクしています。年代的にも従来のアンティークではくくれない魅力。

タグ : アメリカ フランス

18:09  |  新着アンティークジュエリー  | 
 | HOME |